人気のシワ治療!fgf治療の流れ

注射器5

年齢を重ねるに連れ気になることが増えてくるシワですが、そのシワを治療することが出来るとして人気となっているのがfgf注入です。自然な仕上がりが期待できるfgfはヒアルロン酸注入とどの様に違うのか気になるという人も多いでしょう。

そこで、fgf治療の流れや治療の効果を実感するまではどれくらいなのかなど紹介していきます。

FGF注入とは

年齢を重ねると気になる人が増えるシワやくぼみを治療することが出来るFGF注入ですが、FGFとは「Fibroblast Growth Factor」の略で線維芽細胞増殖因子のことです。FGFは元々人体で作られるたんぱく質の一種で、気になるシワやくぼみのある部分に注入すると真皮の線維芽細胞を増殖させる効果があり、新たなコラーゲン線維を作り出してくれます。

シワなどの原因は線維芽細胞の減少や線維芽細胞の働きが低下することによって生じると考えられているため、FGFを注入することによって改善するということになります。コラーゲン線維を作り出すために時間は必要ですが、自然な仕上がりになりやすいのが特徴です。

ヒアルロン酸注入との違い

今までのシワの治療というとヒアルロン酸注入が主流でしたが、FGF注入はヒアルロン酸注入とどのような違いがあるのでしょうか。まず、効果の持続期間に関してですが、個人差はあるもののFGFは3年以上、ヒアルロン酸は6ヶ月から2年程度と言われています。

ダウンタイムに関しては、FGFもヒアルロン酸も注射による治療なのでほぼなく、あっても内出血程度なので気になることはないでしょう。施術の時間に関してですが、FGFは5分から10分程度でヒアルロン酸は量にもよりますが10分から30分程度必要です。

大きな違いがあるのはここからで、注入後に肌の活性化があるかどうかはヒアルロン酸に肌の活性化効果はありませんが、FGFは肌を活性化させてシワなどを改善させるため活性化効果があります。

注入から効果が出るまでの時間にも差があり、ヒアルロン酸注入は注入した直後から希望通りの効果を実感することが出来る即効性に優れている治療法となりますが、FGFは持続期間が長いもののコラーゲンが生成されるまで早くても1ヶ月以上の時間がかかるため即効性では劣ります。

今まで治療が難しかった場所にも

FGF注入は、今までのシワ治療では難しかった下まぶたのたるみや首のシワにも効果的なことが人気の要因でもあります。見た目の印象を大きく変えてしまう部分なので、FGF注入することによってかなり若返り効果が期待できます。

また、顔だけではなく手にも行う人が多いです。手の甲は年齢を重ねるとゴツゴツとした印象になってしまい年齢を感じやすくなりますが、FGF注入を行うことによってふっくらとしたみずみずしい立体感のある手にすることが可能です。

FGF注入はどこで受けられる?

FGF注入を行っているクリニックは近年増加中です。基本的には美容皮膚科などで治療を受けるのが基本となります。インターネットで検索をするとFGF注入を行っているクリニックが数多く出てきますので、インターネットで検索するのが手軽な方法と言えるでしょう。

また、治療費も重要ですが、出来るだけ症例数の多いクリニックなどにしたほうが良いでしょう。FGF治療は非常に手軽な治療ではありますが、それぞれの治療部位に適した薬剤の濃度であったり、注入量や注入深度も異なるものです。

実績のあるクリニックの方がそういった点について安心することが出来ます。

(美容外科で行える!アンチエイジング)

FGF治療の流れ

FGFを実際に受ける場合の流れですが、まずは治療を受けるクリニックを見つけます。クリニックにもよりますが、メールで相談することが出来ることもあるのでなにか聞きたいことがある場合には事前に問い合わせておくと安心です。

治療を受けるクリニックを決めたら、まずはカウンセリングの予約をしてみましょう。多くのクリニックでカウンセリングに関しては無料で受けられるというケースが多くなっています。予約したカウンセリングの日になったら少し時間に余裕を持ってクリニックで行きましょう。

と言うのも、初回に関しては問診票などを記入しなければならないので、時間ギリギリになってしまうと時間が足りなくなってしまう可能性もあるのです。カウンセリングでは、FGF治療の内容や注意点などについて説明を受けることが出来ます。

もし何か疑問に思う点などがあった場合にはそのままにせず、その場でしっかりと聞いておいたほうが安心することが出来ます。カウンセリングを受けた上で改めて治療を受けたいと決めた場合、その日の内に治療を受けることが出来る場合はそのまま治療を受けることになります。

顔など肌に直接注射することになりますので、メイクなどはしない状態で行ったほうが治療をスムーズに受けることが出来ます。FGF注入の治療時間は5分から10分程度で終わりますし、治療後はすぐにメイクなどをしても大丈夫なのでメイクをする必要がある人はメイク道具を忘れないようにしましょう。

クリニックによってはメイクスペースを用意してある場合もあるので事前に確認しておくと安心です。FGF治療は求める効果など必要に応じて複数回の注入を行うことがあります。治療部位に応じて治療間隔なども異なるので、医師の指導に応じて次回の治療の予約をしたら完了です。

FGF治療の治療費は?

FGF治療を受ける際の治療費は気になるところでしょう。まず理解しておかなければならないのが、FGF治療は保険適用外の自由診療であるということです。したがって、クリニックによって料金に大きく差があることがあります。

また、FGFは注入量で治療費を設定しているクリニックと注入箇所によって治療費を設定しているクリニックがありますので、事前にどういった料金体系になっているのかホームページなどで確認し、カウンセリングの時も聞いてみたほうが後になってトラブルにならないで済むでしょう。

相場的には1mlの注入で5万円前後、1箇所の注入で同じく5万円前後といった感じです。2箇所同時に注入したり、注入量が多くなればなるほど1mlあたりや1箇所あたりの単価は安くなります。

自分の求める効果に必要な注入量はどれくらいなのかなどを事前によく相談して決めることが大切です。